イラストレータ ニャン イラスト展示活動中

2016/03/18

キーワールド江坂様 作品展示してくださりました。



先日の大阪中崎町「アトリエ三月」さんで開催されました「三月の会」が無事に終了いたしました。

ご来場くださったみなさまありがとうございました。

私は美人画を二点展示させていただきましたが、一点を大阪江坂にあります「キーワールド江坂」様が店舗内に展示してくださることになりました。
とても嬉しいです!
ありがとうございます(^-^)




タイトル「くれのはる」
インク、水彩絵具
2016



とってもおしゃれな店内です。



すごく素敵な鍵屋さんですね!

キーワールド江坂
http://keyworldsos.com

ご縁を繋いでくださったアトリエ三月さんありがとうございます。

鍵でお困りの方はキーワールド江坂様へご相談されましたら、とても素敵な店主さんが相談にのってくださると思いますので、ぜひ(^-^)

ありがとうございました!







2016/03/14

おきなわにいきたい。




満月太鼓ばやし


めっちゃすごいですよね。
これ日本ですもんね。
かっこいーなー。
最初にみんなでいっきするの、泡盛ですよね。
わー!
めっちゃおきなわにいきたい!
おきなわにいきたいー!

個展前に寝るのは、気を確かにするため、とブログに書きましたが、普通に生活していても、気は確かではありませんね。

ハートは那覇へ壺屋へ美栄橋へ。

そんな那覇で、個展します。

2016年8月の2週間です!

お盆も入りますので、みなさま那覇へめんそーれ!ハイサイ個展!

それまでに、満月太鼓ばやしを本気で三線で弾けるようになろうと思っております。
おうたも唄います。

個展の時、唄います?
聴きますか私などのおうた。
まあ、やりたかったらしはったら良いんちゃいます?と言う声しか聞こえてこないので、やりましょうか。

ショートカットなので結い髪はできないですねー。民族ファッションよりBEGIN系那覇ストリートカジュアルか、かりゆしウェアか、Tシャツにデニムで女子三線。

結構たやすく沖縄かぶれますので、冗談はこの辺で。冷静に楽しく個展しましょう。


個展は美栄橋の「たそかれ珈琲」さんでさせていただきます。
素敵なオーナーさんにお会いできるだけで楽しみ。

以前、ご依頼頂き沖縄風イラスト描かせてもらいまして、本気で楽しかったのでまた描きたいのですが、かぶれないように描く方法が思いつかないわたしの那覇の個展はどうなるのかしら。

ピンク色の薔薇を背負った乙女たちを引き連れて、大阪の絵描きさんが旅にでますよ。

ホットな夏の予感!



2016/03/12

ギャラリー悠玄「灯りアート展」



ギャラリー悠玄

「灯りアート展」

2016/3/4-3/27

月〜土17:00-22:00
日・祝15:00-22:00

私は平面を出展しています。
京都の石塀小路にあります素敵なギャラリーです。
二階建てで一階はしぇりークラブと言うシェリーを楽しむバー、二階はギャラリーです。
会期中入れ替えあります。

皆様のご来場をお待ちしております(^-^)

京都市東山区河原町489-2




2016/03/07

アトリエ三月 グループ展 「三月の会」



アトリエ三月

「三月の会」

大阪中崎町で開催中です。

皆様のご来場お待ちしております。



2016/03/01

辻友香個展 終了





みなさま

お忙しいなか辻友香個展へのご来場ありがとうございました。
みなさまのお顔が見られて、とても幸せな1週間でした。
昭和町の秘密の小部屋は、3名ほどで満杯になる小さなギャラリーで、ゆっくりおもてなしをと思っていましたが、なかなかむつかしく申し訳ありませんでした。

今回の個展にあたり、応援くださった方々にこの場にてお礼をお伝えさせてください。ありがとうございました。

会期中はなんとか体調第一!と思いケアしながら取り組みましたが、最終日に来ていただいた方には悲壮な顔でのおもてなしになってしまいすみませんでした…。しばらくは復活のためおとなしく過ごす予定です。ご迷惑おかけしました。


個展をすると人生観が変わるのよ

そう言われて、制作中から毎日、新しい気づき、あっけなく限界、小さな可能性…のグルグルで、すっかり動転していました。
でも始まると、遠方からの応援、嬉しい再会、温かい言葉、居心地が良いと笑ってくださる方々の優しさに包まれて、本当に開催できて嬉しく、宝物の5日間となりました。


会場には、ひとつめに「フレンチカンカン」と言う作品を展示しました。踊るKARAとHIAを、酔った労働者が見上げる作品です。

美しい彼女たちが、見せているのか。
彼女たちを美しいと思い見ているのか。

例えば、私のような拙い表現者でも、向き合うところです。

仕上げの最後に、労働者の眼鏡を明るい黄色に染めました。
安易なハッピーエンドなんて上っ面です。でも表現することを信じたい。
舞台の華やかな光を受けて、彼女たちを見つめる眼鏡は金色に輝くのです。
今日の仕事が終わって疲れて、好きなお酒を飲みながら、見つめる女優の姿は、場末だろうが大舞台だろうが美しい。

美しさに見出すことはたくさんあるみたいです。

まだまだ、拙くも、表現とそのためにできることを日々探して、また次の展示へと繋いで行きたいです。

優しい応援をありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。


辻友香